iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.03.06
2020.03.06

早くも話題に!iphone12に関する“うわさ”まとめ

新型iphoneに関するうわさは、毎年のように世間をにぎわせます。そして「iphone11」が発表されてから早くも、新型とされる「iphone12」の情報がインターネットで出回っています。

iphone11は「iphoneX(iPhone10)」に比べて抑えめな価格ながら、カメラ性能やバッテリー持ちの向上などで順当な進化を遂げており人気です。そしてiphone12はiphone11と比べて、大幅なアップデートが行われる可能性が出てきました。

今回はiphoneの新型が気になる方向けに、iphone12に関するうわさを分かりやすくまとめていきます。

記事ライター:iedge編集部

シャープな造形になり、新色が追加される?

iphone12は、デザイン面がiphone11から大きく変更される可能性があります。

現在、角の目立つシャープな造形になるのではないかといううわさが立っています。角張ったデザインでは「iphone4」シリーズが有名ですが、もし本当であればユーザーがどういった印象を受けるのか注目が集まります。

また新たに、紺色に近い「ネイビーブルー」が追加されるかもしれません。落ち着いた色でありながら鮮やかで、男性にも受けそうな予想デザインが発表されています。

 

ディスプレイサイズは3タイプ、全モデル有機EL化?

iphone12のディスプレイサイズは、3タイプが発表されるとみられています。

・5.4インチ1モデル

・6.1インチ2モデル

・6.7インチ1モデル

という情報が多く、6.1と6.7インチの2タイプは上位モデルに採用される可能性が出ています。

iphone11の5.8インチ、6.1インチ、6.5インチの3タイプと比較すると、小型と大型のディスプレイサイズが追加された印象です。

ただしApple関係の情報発信で有名な「Macお宝鑑定団Blog」では、iPhone12のモック(デザイン試作品)らしきものを公開しています。それによるとディスプレイサイズは

・5.3インチ

・5.9インチ

・6.4インチ

となっており、詳しいことは定かではないのが現状です。

またディスプレイには、全モデル有機ELが採用されるとうわさされています。iphone11では無印が液晶ディスプレイ、Proシリーズが有機ELと違いがありました。

 

5G対応になる?

iphone12で一番注目されているポイントの一つが、5Gに対応するかどうかです。

 

5Gは現在スマホで一般的に使われている「4G」に代わる、新しい通信規格です。

・大容量・超高速通信が可能

・多数の機器を同時に接続しても問題ない

・低遅延で、スムーズな通信が可能

などを特徴としており、一般に普及すれば世界の通信事情が大きく変化します。

現状では通信タイプが違うものの、iphone12モデルすべてに5G対応チップが搭載されるとされています。

5Gは日本でも本格的な普及はまだ先で、実際に使えるようになるには時間が掛かるでしょう。しかしすでに5G対応のスマホが登場している状況を踏まえると、iphone12にも5G対応チップが搭載される可能性は十分にあります。

 

MacBook Proに匹敵する処理能力を獲得?

iphone12は、iphone11より大幅に処理能力が向上するとみられています。

iphone11には、Appleが設計を担当している「A13 Bionic」チップが搭載されています。iphone12には、A13 Bionicよりさらに処理性能が向上した「A14 Bionic」が搭載されるとされています。

ある有識者は、A14 Bionicは現行モデルの「MacBook Pro」にも負けない処理能力を秘めていると推測しています。本当であれば、iphone12は他メーカーと比較してもトップクラスの性能を誇るスマホになるでしょう。

他にもメモリ(RAM)が6GBまで増えるなど、処理能力にかかわる他の部品もパワーアップされる予想が出ています。

4眼カメラ搭載モデルが登場?

現行のiphone11には、無印に2眼、Proシリーズに3眼カメラが搭載されています。iphone12では、Proに当たる上位機種に合計4種類のカメラが搭載されるのではないかと話題になっています。

増設されるのは、「ToF(Time Of Flight)」カメラになると言われています。

ToFカメラでは光の反射時間などを認識し、物体の距離を正確に計測可能です。これによりAR(拡張現実)の再現度が向上したりと、さまざまなメリットを受けられます。

指紋認証機能が標準化?

iphone11には、顔認証機能が搭載されています。iphone12には顔認証機能に追加して、ディスプレイ埋め込み型の指紋認証機能も追加されるのではないかとうわさされています。

指紋認証機能が追加されれば顔認証できない場面でも簡単にセキュリティロックを解除できたりと、利便性が向上しそうです。ちなみに顔認証用のカメラは小型化し、ノッチ(切り欠き)がディスプレイからなくなるとも予想されています。

iphone12の発表は、例年通り9月の1週目か2週目になる可能性が高いです。気になる方は最新の情報を調べて、iphone12の発表に備えておきましょう。

関連記事

NEW

これでSiriが超使いやすくなる!WWDC2020に基づく【iOS14】の魅力を解説

WWDC2020で発表されたiOS14とは?対応機種も! iOSとは、iPhone向けのオペレーションシステム(OS)のことです。ホーム画面から「設定」→「一般」→「情報」の順にタップし、システムバー ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.08.11
NEW

使い方次第で面白い日常が手に入る!アレクサの基本~面白い使い方まで一挙紹介!

いろいろ試してみよう!アレクサの基本的な使い方一覧 ここからは、アレクサの基本的な使い方をご紹介していきます。 音楽を聴いて楽しむ アレクサに話し掛けるだけで、音楽の再生や各種操作が可能です。 ・Am ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.08.10
NEW

松丸亮吾氏の暮らしを支えているのが【スマートスピーカー】ってホント!?

松丸さんの自宅を支えている「スマートスピーカー」とは YouTube「松丸亮吾のひらめきラボ」のチャンネル登録者数が14万人を超え、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの松丸亮吾さんですが、チャンネルはご覧になりま ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.08.10

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.