iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.02.10
2020.02.10

【CES2020】鏡に様々な情報を映すスマートミラーは世界市場では当たり前の製品に

世界中から最新のデジタルガジェットや家電製品が集まる世界最大級の展示会「CES2020」。今回は現地で見つけたスマートミラー関係の商品を紹介していきます。

最初にスマートミラーについて紹介します。スマートミラーとは、鏡の背面にディスプレイを配置し、 情報を表示できる鏡のことです。普段は通常の鏡として利用でき、必要に応じて様々な情報が表示できます。日本ではまだ一般的ではありませんが、 中国市場などでは注目を集めており、多くの製品が登場しています。

最も多いのが、 Android OS を内蔵し、天気や時刻、スケジュールなどを表示できる製品。また、スマートスピーカー機能や、Bluetoothスピーカー機能を内蔵し、鏡に向かってメイクをしている間、様々な家電の音声操作ができたり、音楽を楽しんだりできます。

さらに先進性の高いモデルはカメラを搭載。鏡の前の人の表情や顔の色、服装などを読み取って、体温や心拍数などの健康状態を感知したり、洋服のコーディネートなどができたりします。

記事ライター:iedge編集部

多数の機能を持つスマートミラー「Venus」

CESでは毎年出品された製品の中から、イノベーティブな製品に対してアワードが贈られています。そして、スマートミラーの中にもこのアワードを受賞した製品があります。韓国ICON.AIの「Venus(Smart Makeup Mirror with Alexa Built-in)」もその1つ。


ICON.AIのスマートメイクアップミラー「Venus」

本体にはAmazon Alexa が内蔵されており、鏡の部分に7インチのタッチスクリーンを配置。音声で話しかけるだけで様々な情報を表示できます。「Skin Diagnostic(肌診断)」機能では肌分析やARメーキャップに対応。このほか手元を明るく照らすランプ機能や、 LED リングライトで顔を照らしながらメイクができる機能などを搭載しています。


メイクアップだけでなく様々な用途で使える。

米ELECTRIC MIRROR社 は社名の通り様々なスマートミラーを手掛ける老舗の鏡メーカー。照明内蔵タイプや、テレビ内蔵、ディスプレイ内蔵など様々な鏡をいち早く展開しており、 朝、歯磨きをしながらテレビを見たり、Webブラウジングしたりできます。


ELECTRIC MIRROR社のスマートミラー。左のタイプはテレビが内蔵されており普段はテレビとして番組視聴ができます。 また、縦型の鏡は下半分にディスプレイが内蔵されておりインターネットなどが表示できました。

その他、CES 2020では、多くのメーカーのブースにディスプレイを内蔵したスマートミラーが展示されており、国によってはすでに一般的になっていて、手軽に導入できるレベルに来ていることがわかります。


米COMMAX社のブースにあったスマートミラー。住宅内の空気の状態など、様々なインフォメーションが表示されている。


KOHLERの「VOICE LIGHTED MIRROR」。ボイスアシスタントが内蔵されており手を使うことなく照明のON/OFF、明るさをコントロールできる。


韓国サムスン電子の社内ベンチャーであるlululabの「LUMINI Home」は 110秒で肌の状態をスキャンし、最適な化粧品を勧めてくれるAI内蔵ミラー。

次のページ > 新たな機能を搭載したスマートミラーを紹介

AR技術を使った洋服のコーディネートや過去に来た服とのマッチング機能が登場

最新のスマートミラーは、単に情報を映し出すだけでなく、その次の段階に進んでいます。パナソニックの子会社であるshiftallの「Project:NeSSA」は着ている服を認識し、過去の服とのかぶりを教えてくれるスマートミラー。製品名は“Never Same Shirt Again((人前で)同じシャツを着ていかない)”の略。


洋服のかぶりを気にせずに着られるようになるスマートミラー。

洋服を着て「Project:NeSSA」の前に立つと、カレンダーデータにあるアポイント相手の名前や、イベント名などと照合。前回着ていた服と現在の服を独自のソフトウェアアルゴリズムで判定。類似している場合、上部のランプの色で教えてくれます。

これによって、取引先と会うときに、前回と同じシャツを着ていたといったミスを防ぐことが可能。おしゃれにはそれほど関心はないが、人から見られる立場にいるといった利用者を想定したアイテムです。


過去のスケジュールから抽出した服装の画像と突き合わせて自動的に重複を判断してくれる。

大手家電メーカーのブースでは AR 技術を採用したスマートクローゼットの提案が多く見られました。例えば、中国ハイアールのスマートクローゼットプロダクトでは、「3D Fitting Mirror」を中央に配置。鏡の前に立つと全身を撮影し、 その映像に登録されている洋服などを合わせてフィッティングすることができます。実際に洋服を着ることなく、様々なアイテムや色を切り替えることができ、手軽にコーディネートが楽しめるというわけです。


ハイアールが提案するスマートクローゼット。 洗濯機や乾燥機、スマートキャビネットなどとスマートミラーが組み合わせられている。


撮影した映像をもとに服を組み合わせるため体型や顔立ちとも合わせられる。


こちら韓国 LG のスマートミラー。 同じように AR技術を採用してフィッティングができる。

まだ日本市場では普及が始まっていないスマートミラーですが、すでに世界市場では多くの製品が登場しています。今後さらに進化していくと、日本市場でも定番化していく可能性がありそうです。

関連記事

Alexa(アレクサ)が怖い?アレクサの恐怖体験と怖い機能を紹介

ユーザーの生活が快適になるように、さまざまなサポートしてくれるアレクサですが、アレクサによって怖い思いをしたという体験談もあります。今回は、アレクサの怖い体験談をご紹介します。そして、アレクサがわざと ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.05.26

たまごっちがスマートウォッチ化?たまごっちスマートの特徴を解説

たまごっちスマートとは、スマートウォッチの形をした新しいたまごっちです。 たまごっちスマートは、たまごっちが発売して25周年の節目である2021年11月23日に発売されました。 1996年に発売された ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.22

Alexa(アレクサ)の設定方法を徹底解説!設定ができない場合の解決策も併せて解説

アレクサの初期設定の方法 アレクサの初期設定、いわゆるセットアップの方法をご説明します。 1.スマホにアレクサのアプリをインストールします。 2.アレクサはAmazonと連動しているので、アレクサを使 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.14

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.