iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.02.05
2020.04.17

【2020年最新版】Alexa(アレクサ)対応のスマート家電を一挙紹介!

IoTの技術が日々進化する中、スマート家電を導入したいと考えている人も多いのではないでしょうか。スマート家電は普段の生活を豊かにするもので、しっかりと有効活用すれば様々なことができる利便性の高い生活ができるでしょう。

今回ご紹介するのは、アレクサに対応しているスマート家電の2020年最新版です。もしもアレクサを持っているのであれば、対応しているスマート家電の導入を検討してみてはいかがでしょうか。アレクサを持っていなくても、これを機にアレクサとそれに対応しているスマート家電を導入するのがおすすめです。

それでは、2020年最新版のアレクサに対応したスマート家電を一挙ご紹介しましょう。興味がある人は、是非とも参考にしてみてください!

記事ライター:iedge編集部

アレクサとは

アレクサとはAmazonEchoを初めとするEchoシリーズの頭脳とも言える存在であり、Echoシリーズを作動させるのに欠かせない重要なものです。Echoシリーズはスマートスピーカーの一つで、スピーカー型の音声アシスタントが搭載されています。

タッチパネルやボタン操作など様々な方法で機器を操作するものは数多くありますが、スマートスピーカーを操作するのは音声だけでいいというのが最大の特徴です。タッチパネルやボタンによる操作が一切なくても、こちらが話しかければ反応してくれるのが最大の違いだと言えるでしょう。

音声入力ということでしっかり話しかけなければならないと思われるかもしれませんが、Echoシリーズは誰かと話すのと同じように自然に話しかけただけでもしっかりと反応してくれます。これはEchoシリーズに内蔵されているアレクサがしっかりと認識しているからです。

アレクサは7個のマイクによる最新の音声認識技術とAmazonをクラウドベースにした音声認識システムで、自然に話しかけてもきちんと反応してくれることからタッチパネルやボタン操作が難しい子どもやお年寄りでも手軽に活用できます。

また、アレクサの凄いところは、話せば話すほど学習するAI機能なのでどんどん語彙力が高まって賢くなることです。つまり、活用し続けるほどさらに高度なことができるようになるので、活用の幅がグッと広がることでしょう。

 

アレクサで家電を操作する仕組み

アレクサに対応している家電であれば、アレクサに話しかけるだけで家電を操作することができます。ただし、全ての家電に対応しているわけではないので、きちんとアレクサに対応している家電を導入する必要性があります。

アレクサで家電を操作する仕組みはいたってシンプルで、たとえば「アレクサ、電気をつけて」と言えばアレクサが音声を認識して電気を点けてくれるのです。ただ、アレクサで家電を操作するには、AmazonEchoとアレクサに対応している家電を連携させなければなりません。

無事に連携ができればアレクサに新たなスキルが追加されるので、音声操作が可能になります。AmazonEchoと家電を連携させて、普段の生活をより良く便利なものにしましょう!

 

発売が待ち遠しい!CES2020で発表されたばかりのアレクサ対応スマート家電※一部未対応

ここからはCES2020で発表されたばかりのアレクサに対応しているスマート家電についてご紹介します。一部は未対応ではありますが、それでも便利な生活をもたらしてくれるスマート家電なことに変わりありません。

・Amazon Alexaビルトインのスマートオーブンレンジ

引用元:https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1228877.html

こちらのスマート家電はアメリカのAmazonが9月下旬に発表した全く新しいスマートオーブンレンジで、アレクサを搭載していることからボタン操作はもちろん音声入力だけで対流式オーブン、電子レンジ、フライヤー、フードウォーマーの4つの機能が使えるのが最大の特徴です。

初めて使う人でもドアの内側上部にスマートオーブンレンジを音声入力で使用する際の発話例が記載されているので、使い方が分かりやすくなっています。アレクサのアプリでレンジ内の食品をスキャンして音声入力すれば自動的に温めてくれます。

元々アメリカで販売されていたものであり、日本での発売は未定になっています。価格は249.99ドルです(1ドル107円で換算すると約2万6,922円)。

電子レンジはボタンが多すぎてどうすれば的確に温められるのか分からない人や、ボタンに頼らずに素早く暖めたい人などにおすすめです。

アイロボット Terra

引用元:https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1228877.html

アイロボットからはTerraというアレクサを搭載したロボット芝刈り機が販売されています。アイロボットと言えば、あのロボット掃除機のルンバを世界中に広めた会社であり、その技術を芝刈り機に集約させました。自宅にある芝を自動的に刈ってくれるので、人力で手入れを行う必要性がありません。

Terraにはアイロボットが開発したスマートマッピングテクノロジーと現在位置や進行方向を把握するビーコンシステムや清掃位置や環境変化を学習する機能を搭載しているので、どんな場所でも効率良く芝が刈れます。

もし芝刈りの途中でバッテリーが切れたとしても自動で充電するためにベースに戻り、充電が完了されれば芝刈りの途中だった場所まで移動して芝刈りを再開します。さらに芝刈りの効率が上がるので、定期的に芝刈りをするのが面倒だという人におすすめです。

ドイツでは既に販売されていますが、それ以外の国での価格は未定のままです。

・シチズン アレクサ対応スマートスピーカー

引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Macotakara_39163/

シチズンからはアレクサに対応したスマートスピーカーを販売しています。シチズンのスマートスピーカーは一般的なスマートスピーカーと違い、スマートスピーカーにアナログ時計が埋め込まれているのが最大の特徴です。

当然アレクサも搭載されており、基本的な性能はAmazonEchoとそこまで変わりません。音声入力によってボリュームの上げ下げが可能だったり、マイクのミュート機能もあります。アメリカでは既に販売されているようですが、日本での展開や価格は未定だそうです。

いつもと違うおしゃれなスマートスピーカーが欲しいという方にはおすすめの、シチズンのスマートスピーカーです。

・スマート蛇口「Smart Faucet」

引用元:https://techable.jp/archives/115422

手洗いや料理など、もっと水道を手軽に使いたい人はスマート蛇口のSmart Faucetを導入するのがおすすめです。Smart Faucetはアメリカの水栓メーカーであるMOENが開発しているスマート蛇口で、アレクサに対応しているので音声操作によって好きな温度、量を調節して水やお湯が使えるのが特徴です。

水筒やケトル、料理の際に使用する分量の水をあらかじめセットしておいて、必要な分だけ使うように設定することもできます。外から帰ってきてすぐに手を洗いたい時や、両手が塞がっていて水が出せない時、料理中など様々な場面で活用したい人におすすめです。

手動で水を出した方が早いと思うかもしれませんが、音声だけで水が出せるようにしておくと便利ですよ。こちらの製品は、年内に販売する予定なので、販売を待ちましょう。

・西川 スマートマットレス

引用元:https://news.mynavi.jp/article/20200110-952883/

大手寝具メーカーの西川が開発しているのは、アレクサに対応しているスマートマットレスです。初めて単独で参加した西川はスマートマットレスとアレクサを連携させることにより、より効果的な睡眠ライフを可能にしています。

スマートマットレスの中には着脱可能な感圧センサーが装着されていて、自動的に入眠・起床の動作を検知してくれます。これにより、入眠した時に感圧センサーが反応してアレクサが搭載されているEchoシリーズにコマンドを飛ばしてスマート照明をオフにしてくれるのです。

元々西川は睡眠に関する研究を長年続けており、どうすれば気持ちよく効果的に質が高い睡眠が取れるのかを考えています。まだ販売されていませんが、もっと質が高くて気持ちよく眠りにつきたい人におすすめだと言えるでしょう。

・Qoobo

Qooboはなんとも可愛らしい、しっぽふりふりクッションロボットです。これはクッション型セラピーロボットで、外見の丸々とした可愛らしいフォルムにふわふわな尻尾が生えているといシンプルなデザインですが、その触り心地は抜群!

Qooboは撫でると反応する尻尾、絶妙な抱き心地、つい撫でたくなる手触りが特徴的で、単に尻尾を振るだけの機能しかないのに様々な人の心を癒してくれるセラピー型ロボットとして高い人気があります。最大の利点は、猫アレルギーや犬アレルギーを持っている人でもペットを飼っているような気分になれることでしょう。

ペットなら好き勝手に移動するので追いかけるのが大変ですが、Qooboならどこにも行かないでずっと手元にいます。ペットを飼いたくても飼えない人にもおすすめですし、足腰が弱いお年寄りがいる家庭でもまるでペットを飼っている感覚が味わえるのもおすすめのポイントです。

価格はAmazonで1万2,120円です。

・Project: NeSSA

引用元:https://fabcross.jp/news/2020/20200109_shiftall_ces.html

Project:NeSSAはPanasonicのグループ会社であり、IoT製品の開発や設計、サポートを行っている株式会社Shiftallが開発しているスマート姿見です。Project:NeSSAはアレクサを搭載しており、服装にバリエーションを与えてくれる機能が搭載されています。

なんといっても特徴的なのは、カレンダーアプリと連動しているので前回と同じコーディネートかどうかを教えてくれる機能があることです。カレンダーアプリを読み取ってイベントや人の名前から推測し、もし前回と同じコーディネートだと検知された場合は、ランプが点灯するので前回と同じ服装で出かけるのを防いでくれます。

現在はまだ開発中ですが、もし販売されたなら以前着ていた服装が思い出せない人や、同じ服装で出かけて恥をかきたくないという人におすすめです。

 

・アシックス スマートランニングシューズ

引用元:https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1228520.html

アシックスからはスマートランニングシューズが発表されました。こちらはランナーが自分の走りを客観的に分析できるようになっていて、発表された限りでは走った分の歩数や速度、走った距離、スライドの速さ、接地の角度、時間などを専用のアプリで確認できます。

現在はまだ開発中ではありますが、2020年には順次発売される見込みのようです。自分の走りはどんな感じなのか知りたい人や、もっと効率良く走るにはどうすればいいのかを客観的に知りたい人におすすめですよ。

 

Alexa対応スマート家電~スマートスピーカー編~

ここからはアレクサに対応しているスマート家電をご紹介していきます。

まずは、スマート家電のなかのスマートスピーカーをご紹介します。アレクサが搭載されていることで非常に便利な機能が活用できるので、普段の生活がより豊かになるでしょう。気になる人はスマートスピーカーの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

・Amazon Echoシリーズ

引用元:https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1083855.html

AmazonEchoシリーズはアレクサに対応している製品の代表的なもので、毎日話しかけ続けるだけで学習する人工知能のアレクサを搭載しています。スマートスピーカーに話しかけるだけでアレクサが反応して喋ってくれるのでそれだけでも面白いですが、AmazonEchoシリーズには様々な機能があります。

まず、精度が非常に高いのでどの方向からでも音声を聞き取ってくれる機能、音楽再生デバイスとして使える機能、スキルが搭載されているので機能の拡張が自由にできることが挙げられるでしょう。

自然な感じで話しかけてもしっかり反応してくれますし、AmazonMusicと連携すれば好きな音楽を再生してくれます。また、スキルのおかげでアレクサに対応している製品であればAmazonEchoだけで様々な機能が使えるようになります。

両手が塞がっている時も様々な機能が使いたい人、好きな音楽を自由に聞きたい人などにおすすめですよ。

なお、AmazonEchoには他にEchoDot、EchoPlus、EchoSpotの計4種類があります。それぞれの価格は以下の通りです。

価格
AmazonEcho 1万1,980円
EchoDot 5,980円
EchoPlus 1万7,980円
EchoSpot 1万4,980円

・Eufy Genie

引用元:https://www.ankerjapan.com/item/T1240.html

Eufy Genieは主にモバイルバッテリーなど様々なガジェットを販売しているAnkerが提供しているスマートスピーカーで、AmazonEchoの体験版のようなものだと思って良いでしょう。アレクサを搭載していることはもちろん、そのほか搭載されている機能もAmazonEchoとほとんど変わらず、話しかければしっかり反応してくれますし、スキルも搭載されていてiTunesなどの音楽を再生することもできます。

使用する際にはEufyHomeでアカウントの設定とデバイスの登録を行うもので、セットアップも簡単です。AmazonEchoを使いたくても招待制なので招待メールが来なければ使うことができませんが、Eufy Genieであればすぐに使えます。

AmazonEchoを使いたくても使えない人や、アレクサ対応の安価なスマートスピーカーがほしい人、招待メールが来るまでの繋ぎがほしい人などにおすすめですよ。価格は4,980円です。

 

・ALLURE

引用元:https://www.amazon.co.jp/Harman-Kardon-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC-Bluetooth%E5%AF%BE%E5%BF%9C-HKALLUREBLKJN%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81%E3%80%91/dp/B076DX1KD2

ALLUREとはHermanKardonから発売されたアレクサに対応しているスマートスピーカーで、スタイリッシュに見せるスケルトンボディでインテリアとしても機能するのが特徴です。ボディにはLEDが内蔵されているので、アクションによって様々なカラーに点灯するなど見ていて飽きません。

ALLUREの機能は音楽再生、スケジュールやニュースの読み上げ、アラームやタイマーのセット、様々なスポーツ対戦の結果を教えてくれるなど、まさに痒い所に手が届くような製品です。さらにBluetoothにも接続が可能であり、無指向性のオーディオシステムを採用しているので、部屋のどこにいてもクリアな音楽を再生してくれます。

もっと様々な機能が搭載されているスマートスピーカーが欲しい人や、インテリアにこだわりたい人などにおすすめのアレクサ対応スマートスピーカーです。価格は2万2,880円(税別)です。

・P3

P3とはオンキョーから販売されているアレクサに対応しているスマートスピーカーで、OnkyoMusicCoctrolアプリを使って様々な機能が使えるのが特徴です。アレクサに対応しているということでタイマーやアラームのセット、音楽の再生、オーディオブックの読み上げなどこれ一台で様々な機能が活用できます。

スマートホームにも対応しているので、スキルを追加すれば照明のオンオフを初めとする様々な機能が使用できます。家事を中断することなく声だけで生活が豊かになるでしょう。

さらにオンキョー独自のデュアル2.5インチフルレンジウーファーとデュアルパッシブラジエーターを搭載しているので、質が高く広範囲に広がる音質が確保されています。

家事を中断せずに様々な操作がしたい人や音楽の音質や便利な音楽再生機能を求めている人におすすめですよ。価格は8,200円です。

・HOME SPEAKER 500

引用元:https://www.bose.co.jp/ja_jp/products/speakers/smart_home/bose-home-speaker-500.html#v=bose_home_speaker_500_triple_black_jp

HOME SPEAKER 500はBOSEが販売しているアレクサに対応しているスマートスピーカーで、未体験のワイドサウンドが楽しめるのが最大の特徴です。HOME SPEAKER 500の最たる機能は、他のアレクサ対応スマートスピーカーと比べて音楽性能に秀でていることです。

音が壁に反射する仕組みになっているのでワイドなサウンドを実現していること、大音量で音楽を再生していても自分の声を認識してくれます。もちろん音声だけでなく本体のタッチパネルでも操作できますし、音声認識はアレクサが対応しているので音声や一時停止、音楽のシャッフルだけでなく数百曲のプレイリストやアルバムにアクセスできます。

他のスマートスピーカーの右に出る者はないので、スマートスピーカーで好きな曲を好きなだけ聞きたい人におすすめです。価格は4万1,800円です。

 

アレクサ対応スマート家電~リモコン編~

「アレクサに対応しているなら、声だけで操作できるからリモコンなんていらないのでは?」と思う人もいるかもしれません。しかし、リモコンを活用すればアレクサがさらに使いやすくなりますよ。

それでは、アレクサに対応しているリモコンについてご説明しましょう。

・RS-WFIREX4

引用元:https://iot.ratocsystems.com/products/rs-wfirex4/

RS-WFIREX4は、一言で言えば家電や照明など必要な操作が一つのリモコンに集約している製品です。こちらはアレクサに対応しているスマートリモコンで、30mまで届く赤外線通信により、赤外線が届く範囲内であれば部屋のどこにいても家電の操作ができます。

スマホからでもスマートスピーカーからでも操作できますし、外出先からでも操作ができます。特に家中の家電や照明をリモコン一つで操作できるので、それぞれのリモコンを管理するのが面倒な人や、外出先からでも冷暖房を付けたり、照明を付けたりしたい人におすすめですよ。

価格はおよそ7,000円~7,700円となっています。

・SWE WiFi スマート家電リモコン Alexa

引用元:https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90Amazon-co-jp%E9%99%90%E5%AE%9A%E3%80%91SWE-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E5%AE%B6%E9%9B%BB%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%82%B3%E3%83%B3-Alexa-Google-UFO-WR001/dp/B00T0D8FWI

SWE WiFi スマート家電リモコンはアレクサに対応したスマートリモコンで、リモコン一つで様々な家電を操作できるのが大きな特徴です。スマホに専用のアプリをダウンロードすれば外出先からリモコンの操作が可能であり、あらゆる赤外線リモコン家電に対応しています。

もちろんスマートスピーカーとの連携も可能であり、音声による操作もできるので音声だけで家中の家電が活用できます。家中の家電の操作を一つのリモコンにまとめたい人や、いちいちリモコンを取りに行くのが面倒な人におすすめのスマート家電のひとつです。

価格は2,580円です。

・Nature Remo

Nature RemoはNatureが販売しているアレクサに対応したスマート家電のなかのスマートリモコンで、スマホの専用アプリを操作すれば外出先からでも家電の操作ができるのが特徴です。スマートスピーカーとの連携によって音声操作も可能です。

スマホのアプリには簡単に自宅の家電が登録できるようになっているので、簡単な操作で家電が活用できます。最大の特徴は、ルールを決めておけば自動で家電が動作することです。例えば家に近づいたらエアコンが自動で稼働したり、毎日決まった時間にエアコンを稼働させたりなど自由な設定が可能です。

温度や湿度なども自由に決められるので、季節ごとに快適な温度の家に帰りたい人や外出先から家電を操作したい人におすすめですよ。価格は1万2,970円です。

・Switch Bot Hub Mini

引用元:https://www.amazon.co.jp/SwitchBot-%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0-%E5%AD%A6%E7%BF%92%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%82%B3%E3%83%B3-Alexa/dp/B07TTH5TMW/ref=asc_df_B07TTH5TMW/?tag=jpgo-22&linkCode=df0&hvadid=342452729738&hvpos=1o1&hvnetw=g&hvrand=13203343684000351196&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009732&hvtargid=pla-821044766539&psc=1&th=1&psc=1

Switch Bot Hub Miniはスマホアプリで全ての家電が一括管理できるスマートリモコンで、大量のリモコンの整理に悩む必要性がなくなるのがポイントです。スマホアプリには既にプリセットリストがあるので、自宅の家電をワンタッチで登録すれば外出先からでも家電が操作できます。

さらに自宅にある他のSwitchBot製品と合わせて全ての家電をインターネットに接続すれば、自宅をスマートホーム化できます。さらに、省エネ対策としてもしテレビやエアコンの電源を点けっぱなしにしていても、外出先からスマホで全ての電源をオフにできるのも大きな特徴です。

テレビやエアコンなどの家電の電源を点けっぱなしにしていないか気になることが多い人や、他のSwitchBot製品を持っている人などにおすすめですよ。価格は3,980円です。

 

関連記事

NEW

気づいたときには遅すぎる!知っておくべきスマートロックの【締め出し対策】とは?

スマートロックによる締め出しって?どうなっちゃうの? 物理的な鍵を使うことなく、スマホと通信することで施錠・解錠できるのがスマートロックです。導入する方も増えていますね。 スマートロックによる「締め出 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.26
NEW

超便利!「Echo Show」さえあれば、もうタブレットもリモコンも必要ない。Echo Showでできる8つのこと

Echo Showとは 画像引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07934NYFN?ref=ods_ucc_aucc_bis_nrc_ucc 「Echo Show」は、A ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.24
NEW

ついに登場!翻訳機能搭載の【スマートマスク】がスゴすぎる!

日本の企業が開発したスマートマスク「C-FACE」とは? 「スマート◯◯」とはインターネットにつながるモノを意味します。スマートフォンを筆頭にスマートスピーカー、スマートリモコン、スマートキーなど身の ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.23

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.