iedge
  • iedge

タグ

スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.02.05
2020.02.05

【2020年最新版】Alexa(アレクサ)対応のスマート家電を一挙紹介!

IoTの技術が日々進化する中、スマート家電を導入したいと考えている人も多いのではないでしょうか。スマート家電は普段の生活を豊かにするもので、しっかりと有効活用すれば様々なことができる利便性の高い生活ができるでしょう。

今回ご紹介するのは、アレクサに対応しているスマート家電の2020年最新版です。もしもアレクサを持っているのであれば、対応しているスマート家電の導入を検討してみてはいかがでしょうか。アレクサを持っていなくても、これを機にアレクサとそれに対応しているスマート家電を導入するのがおすすめです。

それでは、2020年最新版のアレクサに対応したスマート家電を一挙ご紹介しましょう。興味がある人は、是非とも参考にしてみてください!

記事ライター:iedge編集部

・ルンバ

引用元:https://www.irobot-jp.com/product/i7/index.html

ルンバはiRobotが販売している言わずと知れたスマート家電・ロボット掃除機で、音声認識によって掃除をお願いするだけで自動的に掃除してくれます。自動充電、自動帰還、衝突・落下防止、ゴミセンサー、絡まり防止など様々な機能を備えています。

特に3段階のクリーニングシステムによって部屋中のゴミを徹底的に集めてくれるだけでなく、毎秒60回以上も部屋の状況を確認しながら隅々まで綺麗にしてくれます。とにかく部屋を徹底的に綺麗にしたい人におすすめですよ。

価格は3万4,800円です。

・Roborock S6

引用元:https://www.amazon.co.jp/Roborock-S6-%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AB-AI%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E5%AF%BE%E5%BF%9C-%E3%80%90%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E4%BB%A3%E7%90%86%E5%BA%97%E5%93%81%E3%80%91/dp/B07YP4S6H2

Roborock S6は強力な吸引力でゴミを吸い取りながらも静かな動作音を両立させているスマート家電・ロボット掃除機です。掃き掃除と拭き掃除も同時にできるので、強力な吸引力と合わせて頑固な汚れも落としやすいでしょう。

掃除場所がアプリで設定できるので、無駄のないルート設定で効率良く掃除ができます。頑固な汚れを掃除してほしい人や無駄なく掃除したい人などにおすすめですよ。

価格は6万8,780円です。

・ECOVACS DEEBOT 501

引用元:https://store.ecovacs-japan.com/products/detail221.html

COVACS DEEBOT 501は3段階清掃システムに加え、強力な吸引力によってカーペットに入り込んだゴミまでも回収し、アレクサに対応していることから音声操作も可能なロボット掃除機です。特に室内が広くても掃除するのに問題がなく、520mlもの大容量のゴミ箱に加えてバッテリーが長持ちするので、自動充電と合わせれば連続運転で徹底した掃除ができます。

家が広くて掃除が大変な人におすすめですよ。価格は1万9,800円です。

・G300

G300には高精度のレーザーセンサーを搭載しているので、掃除しながらルームマッピングができます。つまり、部屋の隅々まで掃除してくれるので、無駄なくゴミを回収してくれます。さらにマップ上には充電ステーションが記録されているため、バッテリーが無くなってくると素早く戻って充電します。

吸引レベルを自由に選択できるので、軽く掃除したい時や徹底して掃除したい時にも対応できまよ。自動を選択すると床の汚れを見分けて吸引力を調整しながら掃除します。

価格は3万4,800円です。

・Dyson 360 Heurist

引用元:https://www.dyson.co.jp/dyson-vacuums/robot/dyson-360-heurist-jp.aspx#

Dyson 360 Heuristは吸引力に定評があるダイソンが販売しているロボット掃除機で、一般的なロボット掃除機の4倍の吸引力を誇るなど、他の掃除機を寄せ付けません。移動しながら学習する機能を搭載しており、機体の全幅を奏掃除するブラシバーによってより広範囲の掃除が可能です。

さらにインテリジェントSLAMビジョンシステムにより、走行中にセンサーが0.02秒ごとに距離を測定してまだ掃除していない場所を常に把握します。圧倒的な吸引力を求める人やきちんと部屋の隅々まで掃除してほしい人におすすめですよ。

価格は11万円です。

 

Alexa対応スマート家電~エアコン編~

続いてはアレクサに対応しているエアコンをご紹介します。数は少ないですが、喋るだけで温度などが調整できたら便利ですよね。エアコンの買い替えの際に、アレクサ対応エアコンの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

・nocria®2020年モデル

引用元:https://www.fujitsu-general.com/jp/products/aircon/2020/lineup/nocria-x/ai-aircon.html

nocria®2020年モデルはアレクサに対応しているエアコンで、2019年9月27日時点で業界初のクラウドAIとエアコン内のエッジAIのダブルAIによって稼働させるたびに学習してオーダーメイド快適を実現させる機能があります。

スマホやスマートスピーカーでもエアコンの操作が可能であり、外出先からでも運転状況やエアコンでかかった電気代の確認などができます。

自動的に快適な温度にしてほしい人や電気代がいくらかかっているのかいつでも確認したい人などにおすすめのスマート家電です。価格は40万円です。

・エオリアXシリーズ

エオリアXシリーズは様々な特徴があり、空気中の様々な汚染物質を抑制するナノイーXを搭載していること、無線LANが内蔵されているのでスマホからでもエアコンの操作ができることなど嬉しい機能が満載です。

特にナノイーXは高濃度になっているので汚染物質を効率良く抑えてくれるだけでなく、エアコンが自動で内部を掃除するので自分でお手入れするのが簡単になります。アレクサなどのAIと連携して季節に合わせた快適な室温にしてくれるのも嬉しいポイントです。

季節に関係なく快適な部屋で過ごしたい人やエアコンのお手入れが面倒な人、子どもがいる家庭などにおすすめですよ。価格は26万円~41万円です。

 

Alexa対応スマート家電~スマートテレビ編~

続いて紹介するスマート家電は、アレクサに対応しているスマートテレビです。音声だけで自由にチャンネルが帰られたら、いちいちリモコンを操作する必要性がなくなります。テレビ自体の性能もいいので、買い替える際の参考になるのではないでしょうか。

・ハイセンス 50V型 4Kチューナー LED液晶テレビ

引用元:https://www.hisense.co.jp/tv/50f60e/

ハイセンスの50V型は既に4Kチューナーが内蔵されているので、外付けチューナーを用意しなくても新4K衛星放送が見えます。そしてハイエンド特有の機能として自動で画質を調整する機能やゲームモードも搭載しているので、常に見やすいハイコントラストの画質でテレビが見れるでしょう。

また、アレクサにも対応しているのでリモコンなしでも音声だけでテレビを操作できるのも見逃せません。とにかく画質にこだわる人やテレビを音声だけで操作したい人におすすめですよ。価格は6万5,300円です。

・ブラビア4K

引用元:https://www.sony.jp/bravia/products/KJ-X8000G/

ブラビア4Kはアレクサを搭載しているので音声による機能コントロールができるのはもちろん、AndroidTVを搭載していることからPrimeVideoやYouTube、TVerなど自由にアプリを追加して様々な映像が楽しめます。

別売りのUSBハードディスクを接続すればテレビを見ながら裏番組も録画できる機能の、外付けHDD裏版食い録画も可能です。ソニー独自の音響技術も如何なく取り入れられていて、立体感・臨場感のあるサウンドが楽しめます。

良質な音源を求めている人やTV1台でYouTubeやPrimeVideoなどの動画や映画を楽しみたい人などにおすすめですよ。価格は14万9,800円です。

・LG 50V型

引用元:https://www.lg.com/jp/tv/lg-50UM7300EJA

LG 50V型は価格に対して性能が良いことで知られており、HDR10とHLG方式のHDRの2つのダブルチューナーが内蔵されています。特に特別な画像エンジンを採用しているので、見違えるほど鮮やかで鮮明な映像が映し出されます。

本来の色やコントラスト、輝度などにこだわりぬいた映像表現を可能にしています。ハッキリと見やすい画質を求めている人などにおすすめのアレクサ対応スマート家電です。価格は6万742円です。

・ビエラ

引用元:https://panasonic.jp/viera/products/gr770.html

ビエラはPanasonicから販売されているテレビで、アレクサにもして壁掛けテレビにすることもできます。ビエラには高画質処理技術のヘキサクロマドライブがあるので、より立体憾のある鍵。さらに高輝度パネルも採用されているので、外から強い光が入ってきたとしても映像は明るいままなので非常に見やすいです。

もちろんアレクサにも対応しているということで音声操作にも対応するので、音声によってチャンネルの交換や録画、早送り・巻き戻しを繰り返せるのはとても便利だと言えるでしょう。日差しで室内が明るくなっても明るく見やすい映像を見たい人におすすめですよ。価格は10万2,900円です。

・REGZA

引用元:https://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/x910/index_j.html

東芝から販売されているREGZAのスタンダードモデルは4Kチューナーを標準搭載しつつ価格を抑えたもので、画面に2つの番組を表示する機能や高画質エンジンのレグザエンジンEvolutionを搭載しています。肌の質感を高める美肌リアライザーを搭載しており、高画質エンジンと合わせて見ごたえのある番組が見られるでしょう。

REGZAは液晶テレビの最高位とも言われていて、コスパや画質、タイムシフト機能など様々な機能を求める人や高画質にこだわる人などにおすすめですよ。迷ったらREGZAをおすすめする人もいるほど評価の高いスマート家電のひとつです。価格は8万7,295円です。

 

Alexa対応スマート家電~物理ボタン・スイッチ編~

続いてご紹介するスマート家電は、アレクサに対応している物理ボタンやスイッチです。

いちいち自分でボタンやスイッチ押さなくても、音声で操作できれば移動する手間も消し忘れなども無くなりますよ。気になる人は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9

関連記事

【IoTマスターへの道 vol.21】IoTマニアの塚岡、引っ越ししたってよvol.3 メッシュネットワークってなに?普通のwifiとどう違うの?

担当編集者の塚岡氏が引っ越しをした。 新居にお邪魔した下村山だったが...そこで彼が見たモノとは一体...!? 前のお話:IoTマニアの塚岡、引っ越ししたってよvol.2 とても間抜けなスマートボット ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.02.12

アレクサの値段はいくら?月々の料金やアレクサの機能について解説

アレクサとはどんなもの? アレクサの値段に関わることを紹介する前に、アレクサとは一体どのようなものなのかについて解説します。 アレクサとは、音声認識システムのことを指します。 パソコンで言えばWind ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.02.12

【CES2020】鏡に様々な情報を映すスマートミラーは世界市場では当たり前の製品に

多数の機能を持つスマートミラー「Venus」 CESでは毎年出品された製品の中から、イノベーティブな製品に対してアワードが贈られています。そして、スマートミラーの中にもこのアワードを受賞した製品があり ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.02.10

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03
1 2

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.