iedge
  • iedge

タグ

スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.02.05
2020.02.05

【2020年最新版】Alexa(アレクサ)対応のスマート家電を一挙紹介!

IoTの技術が日々進化する中、スマート家電を導入したいと考えている人も多いのではないでしょうか。スマート家電は普段の生活を豊かにするもので、しっかりと有効活用すれば様々なことができる利便性の高い生活ができるでしょう。

今回ご紹介するのは、アレクサに対応しているスマート家電の2020年最新版です。もしもアレクサを持っているのであれば、対応しているスマート家電の導入を検討してみてはいかがでしょうか。アレクサを持っていなくても、これを機にアレクサとそれに対応しているスマート家電を導入するのがおすすめです。

それでは、2020年最新版のアレクサに対応したスマート家電を一挙ご紹介しましょう。興味がある人は、是非とも参考にしてみてください!

記事ライター:iedge編集部

・August Smart Lock

引用元:https://august.com/

August Smart Lockはサンフランシスコに拠点があるAugust社のスマートロックで、基本的な性能は他のスマートロックと変わりません。しかし、特筆すべきはiOSと連携してSiriに話しかけることで解錠や施錠が可能になることです。

付属機器を導入すれば暗証番号を設定したり、インターホンからの映像をスマホから見たりと様々な機能が搭載できる、非常に優れたスマート家電です。アレクサ以外の機器とも連携したい人や暗証番号を設定したい人などにおすすめですよ。価格は7万5,800円です。

・TP-Link Kasa ネットワークカメラ KC100・Pro KC120

引用元:https://www.tp-link.com/jp/home-networking/cloud-camera/kc100/

TP-Link Kasaはスマートホーム対応のネットワークカメラであり、130℃の広角視野を持ってすれば追加機器を導入することなく外出先からでも玄関や部屋の様子が分かります。動作検知や音声検知によって何かを発見した時に素早くスマホでお知らせしてくれるので、家で何が起こっているのかすぐに映像が確認できます。

しかもリアルタイムの映像をスマホでも確認できるので、今家出何をしているのか、外の様子はどんなものなのかがすぐに分かりますよ。リアルタイムで部屋の様子を確認したい人や追加機器を導入せずに活用したい人などにおすすめですよ。価格はKC100なら5,466円、KC120なら9,100円です。

・+Style スマートホームカメラ・セキュリティカメラ

+Styleからはスマートホームカメラとセキュリティカメラが販売されています。スマートホームカメラはフレキシブルアームなので置く場所を選びません。別売りのmicroSDカードを活用すれば常時録画にも対応できるので、SDカードに録画された映像をカレンダーごとに確認できます。

セキュリティカメラは自動暗視モードが搭載されているので、ハッキリ映らないはずの夜中でも安心して暗闇の様子が録画されます。ビデオ通話にも対応可能で、帰ってきた子ども達に声をかけることもできますよ。

室内の様子や玄関周りの様子を録画したい人や、外出先からでも通話ができるようにしたい人などにおすすめですよ。価格はスマートホームカメラなら6,800円、セキュリティカメラなら7,944円です。

 

Alexa対応スマート家電~ロボット掃除機編~

続いてはアレクサに対応しているロボットや掃除機のスマート家電をご紹介します。声をかけるだけで室内を掃除してくれるようになれば、家事もグッと楽になるでしょう。普段の掃除を楽にしたいなら、検討してみてはいかがでしょうか。

・minibot スマートロボット掃除機

Minibotはアレクサに対応しているロボット掃除機で、音声によってロボット掃除機の電源をオンにする基本機能があります。アプリでも掃除機をオンにすることが可能で、水タンクユニットに交換すれば水炊き掃除もできます。

多彩な掃除モードも搭載されているため、状況に応じて自動的に掃除してくれますよ。普段の掃除が面倒な人や水炊きして掃除するのが大変だという人などにおすすめですよ。価格は2万9,800円です。

・minimaru(ミニマル) RV-EX20

引用元:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%B3-%E3%80%90%E6%8E%83%E9%99%A4%E6%A9%9F%E3%80%91HITACHI-minimaru-%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%9E%E3%83%AB-RV-EX20-N/dp/B079SPM257

こちらは日立から販売されているロボット掃除機で、充電時間は約3時間、運転時間は最長約60分です。サイドのブラシが部屋の隅から細かなところまで綺麗にゴミを集めてくれます。コンパクトなサイズなので狭いところも問題なく掃除してくれますし、自動的に充電してくれるので途中でバッテリーが切れても問題ありません。

常に部屋を綺麗にしたい人や狭いところもしっかり掃除したい人におすすめのスマート家電です。価格は4万2,900円です。

・Lucy(ルーシー)

引用元:https://jp.techcrunch.com/2020/01/03/2020-01-03-trifo-raises-15m-announces-new-robot-vacuum/

Lucyはアメリカで開発されているロボット掃除機で、ペットを飼っている人におすすめです。一般的なロボット掃除機はペットの糞も構わず巻き込むので、糞を巻き込むと通り道に糞をこすり付けて大惨事……なんてこともあり得ます。

しかし、Lucyであれば1インチ以上の高さにある障害物を認識して回避する機能があるので、糞はもちろんブロックや本なども避けて掃除してくれます。AIによる認識技術も高く、学習した状態だと掃除してほしい部屋と掃除してほしくない部屋を認識できるようになるなど利便性が高くなるでしょう。

こちらのスマート家電は、まだ販売されていないので、販売を待ちましょう。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9

関連記事

NEW

【IoTマスターへの道 vol.22】おれ......すまーとろっくすき......ついに設置!!!セサミmini

実家をIoT化した際に断念したスマートロック・セサミミニ。 遂に自宅に設置するときがきた......!!! 前のお話:IoTマニアの塚岡、引っ越ししたってよvol.3 メッシュネットワークってなに?普 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.02.19

【IoTマスターへの道 vol.21】IoTマニアの塚岡、引っ越ししたってよvol.3 メッシュネットワークってなに?普通のwifiとどう違うの?

担当編集者の塚岡氏が引っ越しをした。 新居にお邪魔した下村山だったが...そこで彼が見たモノとは一体...!? 前のお話:IoTマニアの塚岡、引っ越ししたってよvol.2 とても間抜けなスマートボット ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.02.12

アレクサの値段はいくら?月々の料金やアレクサの機能について解説

アレクサとはどんなもの? アレクサの値段に関わることを紹介する前に、アレクサとは一体どのようなものなのかについて解説します。 アレクサとは、音声認識システムのことを指します。 パソコンで言えばWind ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.02.12

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03
1 2

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.