iedge
  • iedge

タグ

スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.02.05
2020.02.05

【2020年最新版】Alexa(アレクサ)対応のスマート家電を一挙紹介!

IoTの技術が日々進化する中、スマート家電を導入したいと考えている人も多いのではないでしょうか。スマート家電は普段の生活を豊かにするもので、しっかりと有効活用すれば様々なことができる利便性の高い生活ができるでしょう。

今回ご紹介するのは、アレクサに対応しているスマート家電の2020年最新版です。もしもアレクサを持っているのであれば、対応しているスマート家電の導入を検討してみてはいかがでしょうか。アレクサを持っていなくても、これを機にアレクサとそれに対応しているスマート家電を導入するのがおすすめです。

それでは、2020年最新版のアレクサに対応したスマート家電を一挙ご紹介しましょう。興味がある人は、是非とも参考にしてみてください!

記事ライター:iedge編集部

・LS-Mini

引用元:https://www.livesmart.co.jp/

LS-Miniは音声だけで家電を一括操作することが可能なスマートリモコンであり、自宅にある全ての家電にAIを搭載させることができます。温度・照度センサーやタイマー設定、ジオフェンス機能、LINEアプリからの操作といった機能が搭載されており、特に搭載されているAIが自動で温度や照度を調整してくれるので、常に快適な室温に保ってくれます。

クイック、タイマー、ロケーション、気温など様々な状況下において柔軟にルールを決めることができるため、いつでもどこでもどんな時でも便利な機能が活用できるでしょう。自分で家電を稼働させなくても自動で温度や湿度を調整して快適な室温にしてほしい人や、一言喋るだけで家電を稼働させたい人におすすめのスマート家電です。

価格は5,980円です。

・eRemote

引用元:https://linkjapan.co.jp/product/eremote-series/

eRemoteはスマホとWi-Fi環境さえあれば室内や外出先のどこからでも家電が操作できるスマートリモコンです。アレクサを搭載しているAmazonEchoとの親和性が非常に高く、外出先からでも操作できることから帰宅する前に快適な室温にできますよ。

長期間家を空けている時でも、スマホから自宅の照明を定期的に点けることで空き巣対策も可能です。特に赤外線通信ができる家電であれば、型番やメーカーなどを問わずリモコンに登録できるので買ったばかりの家電でも問題なく操作できますよ。

リモコン一つで全ての家電を操作したい人やワンタッチで手軽にルールを決めて活用したい人におすすめですよ。価格は9,680円です。

・sRemo-R3

引用元:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E5%AD%A6%E7%BF%92%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%82%B3%E3%83%B3-sRemo-R3-%E3%80%90GoogleHome-AmazonAlexa-LineClova%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%80%91%E3%80%8A%EF%BC%93%E5%B9%B4%E4%BF%9D%E8%A8%BC%E3%80%8B/dp/B07Y1VL2LD

sRemo-R3はスマートリモコンに欲しい機能が豊富に揃っている利便性が高いスマートリモコンです。アレクサにもGoogleHomeにも対応していますし、センサーに応じた自動制御も可能です。特定の時間帯に温度や湿度、照度を条件に組み合わせて家電を操作させることは一般的に難しいとされていますが、sRemo-R3なら問題なく実行可能です。

さらに温度や湿度、照度センサーを内蔵しており、それぞれをグラフ表示させることもできます。従来のスマートリモコンだと取得時点での情報しか分からなかったので、グラフを見ながら様々な活動に役立てられるでしょう。

特定の時間帯に快適な室温・湿度にしたい人や家庭菜園をしている人、ペットを飼っている人などにおすすめですよ。価格は4,000円前後となっています。

・ORVIBO Magic Cube

引用元:http://www.orvibo.jp/magiccube/

ORVIBO Magic Cubeはなんといっても小型でスタイリッシュ・コンパクトなデザインが目を惹く可愛らしいスマートリモコンです。どの部屋にも溶け込むデザインになっており、赤外線放射角度は全方位。どの場所に置いても赤外線到達範囲内であれば、好きなように家電が操作できます。

アレクサにも対応しており、本体をクリック・ダブルクリックすることでも操作が可能です。本体をダブルクリックするだけで家中の家電の電源がオフになるので、消し忘れの心配がありません。また、ホームセキュリティとの連携も可能であり、窓やドアの閉め忘れをアプリで知らせてくれたり、人感センサーで不審者の侵入も知らせてくれます。

インテリアになるようなリモコンが欲しい人や、セキュリティを気にする人などにおすすめですよ。価格は3,970円です。

・ここリモ

ここリモは中部電力から販売されているスマートリモコンで、スマホや外出先から家電の一括操作ができるなどの基本的な性能は他のスマートリモコンと一緒です。ここリモならではの機能として挙げられるのが、エアコンの快眠コントロール機能と電気代予測機能があることです。

快眠コントロール機能は、眠りに入った時と起きてから1時間おきにエアコンの温度設定を自動的に調整してくれます。電気代予測機能は、自分が住んでいる地域とエアコンの容量に合わせて、どのくらいの電気代がかかるのか予測してくれます。

少しでも電気代を節約したい人や、毎日快適な室温で気持ちよく寝たい人におすすめですよ。価格は4,950円です。

・+Style ORIGINAL  スマートマルチリモコン

+Style ORIGINAL  スマートマルチリモコンは基本的な機能が揃っておりアレクサに対応しているので音声操作もできるスマートリモコンです。アレクサ搭載のAmazonのスマートスピーカーはもちろん、Googleのスマートスピーカーにも対応しています。

+Style ORIGINALスマートマルチリモコンならではの特徴として、自宅にある全ての家電に加えて+Style ORIGINALの製品もまとめて一元管理できることが挙げられます。

しかも手のひらサイズのリモコンなので持ち運びやすく、インテリアにも馴染みやすい特徴もあります。+Style ORIGINALの製品を所有している人や自宅のインテリアに馴染むデザインを探している人などにおすすめですよ。価格は6,480円です。

 

Alexa対応スマート家電~照明・ライト編~

アレクサに対応しているスマート家電には、照明やライトにもあります。照明やライトをさらに便利に使えるようになれば、オンオフはもちろん明るさも手軽に変えられるのではないでしょうか。

それでは、アレクサに対応している照明・ライトをご紹介しましょう。

・TRÅDFRI トロードフリ

引用元:https://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/30349937/

トロードフリはIKEAから販売されているスマートライトで、様々なスマートライトの中でも特にコスパが良いのが特徴です。調光・調色タイプと調色しないタイプの2種類がありますが、調色しないタイプだと2,000円以下で購入できるので、手軽に導入しやすいでしょう。

調光器リモコンでライトのオンオフができるため、わざわざスイッチを切り替えなくてもその場で切り替えられるのがポイントです。さらにスマートスピーカーと連携すれば、音声だけでライトのオンオフが切り替えられます。

両手が塞がっててライトを点けるのが大変な人やスイッチを切り替えるのが面倒な人などにおすすめです。価格は1,800円~2,500円です。

・TP-Link スマートLED

引用元:https://www.tp-link.com/jp/home-networking/smart-bulb/kl110/

TP-Linkは調光タイプのスマートLEDで、アレクサに対応していることから音声だけでライトのオンオフができるようになります。スマホとWi-Fi環境さえあれば追加機器や複雑な設定なしですぐに使用できる他、専用アプリのKasaSmartで直感的な操作も可能です。

特にスマホアプリでライトの明るさを自由に決められるだけでなく、スケジュール機能を活用すれば起床時に部屋を明るくしたり、就寝時間にライトを暗くしたりすることも可能です。業界最高基準の3年保証なので、3年の間に何かあっても保証してくれます。

部屋の明るさを自由に変えたい人や長い保証期間を求める人などにおすすめですよ。価格は2,240円です。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9

関連記事

【IoTマスターへの道 vol.21】IoTマニアの塚岡、引っ越ししたってよvol.3 メッシュネットワークってなに?普通のwifiとどう違うの?

担当編集者の塚岡氏が引っ越しをした。 新居にお邪魔した下村山だったが...そこで彼が見たモノとは一体...!? 前のお話:IoTマニアの塚岡、引っ越ししたってよvol.2 とても間抜けなスマートボット ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.02.12

アレクサの値段はいくら?月々の料金やアレクサの機能について解説

アレクサとはどんなもの? アレクサの値段に関わることを紹介する前に、アレクサとは一体どのようなものなのかについて解説します。 アレクサとは、音声認識システムのことを指します。 パソコンで言えばWind ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.02.12

【CES2020】鏡に様々な情報を映すスマートミラーは世界市場では当たり前の製品に

多数の機能を持つスマートミラー「Venus」 CESでは毎年出品された製品の中から、イノベーティブな製品に対してアワードが贈られています。そして、スマートミラーの中にもこのアワードを受賞した製品があり ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.02.10

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03
1 2

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.