iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.01.08
2020.01.08

2020年をスマートホーム元年に!(前編)まず導入するべき「スマート家電3種の神器」

記事ライター:Yuta Tsukaoka

あけましておめでとうございます!

新年明けて、みなさまいかがお過ごしでしょうか。新しい1年、いろいろと見直したい時期ですよね。

というわけで、年末の大掃除できれいになった家に今から投入するのにおすすめのIoTガジェット(スマート家電)をご紹介しましょう。

暖かい部屋に帰る!Nature Remo

どんな家にでも導入しやすいのがこの「Nature Remo」です。よく知っているものとカタチは違いますが、これは「リモコン」なので、使い始めれば慣れるのも早いでしょう。

何ができるかといえば、それはもちろん「リモコン操作」。たとえばエアコンをスマホやスマートスピーカーから操作することができます。

これだけでは「だから?」という感じだと思いますが、Wi-Fiと接続されているので外部からも操作可能なんです。つまり、寒い寒いと歩く帰り道にスマホから家のエアコンをつけることができます。

さらに、ちょっと高度な使い方になりますが「朝、起床前の時間に室温が18℃以下ならエアコンをオン」みたいな自動化もいけます。

さらにさらに、これは「リモコン」なのでリモコン操作が可能な家電ならすべて操作可能です。たとえばシーリングライト、テレビ、サーキュレーター、ロボット掃除機…。

部屋を見渡してみてください。私たちはリモコン操作可能な家電に囲まれています。それをすべて操作できるとしたら、生活変わりそうって思いませんか?

次のページ > 操作が可能な家電とは?

もうスイッチには触らない! スマート電球「トロードフリ」

誰にでも使いやすいという点では、スマート照明もおすすめです。電球を使っていない家って、ないですよね。まずはそれらを差し替えるところから始められるので、ハードルが低いんです。

私がおすすめするIKEAの「トロードフリ」は安価なのもいいですね。一般的なLED電球と比べても大差ありません。

そして、見た目は普通のLED電球です。差込口(金口)も普通の電球と同じ。つまり、今あるものからそのまま替えられます。

左から、リモコン・ワイヤレスモーションセンサー・ワイヤレス調光器
画像引用元:https://www.ikea.com/jp/ja/catalog/categories/departments/home_electronics/36814/

ポイントは、スイッチ。回して明るさを調整できるもの、明るさだけでなく色味の調整もできるもの、人感センサーによってそもそもスイッチを押す必要のないものもあります。

筆者宅の洗面所に設置されているワイヤレスモーションセンサー

私の家では洗面所やキッチン、玄関といった「人のいる間だけ明かりが点いていてほしい場所」は人感センサーに、それ以外の間接照明やデスクライトなどは必要に応じたタイプのスイッチを導入しています。

さらに、ゲートウェイという装置を合わせて導入すれば外からスマートフォンで操作したり、スマートスピーカーを通じた操作も可能になります。

スマートスピーカーから操作できるように設定すれば、「ルーティン」と呼ばれる自動化ができるようになるので便利ですよ。たとえば、我が家では「おやすみ」とスマートスピーカーに言うと家中の明かりが消える設定になっています。

シンプルな家電ならお任せ!スマートプラグ

どんな家にでもすぐに導入できるものをもう一つご紹介しましょう。スマートプラグです。

コンセントに直接挿して使うスマート家電で、基本的な機能は電流のオンオフのみ。つまり、コンセントを抜き差しするのと同じ操作が自動で可能になるわけです。

これが活きてくるのは、「コンセントを抜けばオフ、挿せばオン」になるような操作性がシンプルな家電たち。たとえばサーキュレーターや間接照明、加湿器、ホットカーペットなどが使いやすいですね。

もちろんスマートスピーカーやスマートフォンと連携しますし、製品によってはタイマー操作も可能。我が家では水槽のライトを時間に合わせてオンオフしたり、脱衣所のサーキュレーターはオンにして10分で自動オフになるように設定しています。

ただし、電源を直接操作するので安全性には気をつけましょう

後編では、この記事でも繰り返し登場した「スマートスピーカー」のおすすめ機種をいくつかご紹介します。

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.