iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.10.09
2019.11.25

祝独立! 自由度が高まったiPadOSでiPadが“ほぼ”パソコンに

記事ライター:Satoru Oguchi

iPad向けの新OS「iPadOS 13.1」が配信されました!

これまでiPadはiPhoneなどと同じiOSを使用していましたが、画面の広いiPad専用とすることで、マルチタスク機能の強化など、よりパソコンに近い使い勝手を実現したとのこと。

さっそくインストールしてみましたので、個人的に気に入ったポイントをご紹介していきましょう。

インストールしたのは10.5インチの「iPad Pro」。

ウィジェットの表示でパソコンライクな画面に

iPadOSのインストール手順は、これまでのiOSアップデートとなんら変わることはありません。

インストールが完了しホーム画面を開くと、アイコンがこれまでよりも小さくなっており、画面に凝縮感があります。

左にスワイプして出していたウィジェットも同じ画面に表示されています。情報量が少し多くなっただけなのですが、これだけでもパソコンに進化したようなワクワク感を感じることができました。

目に優しいダークモード

iOS 13にも追加された「ダークモード」は、画面内のカラーベースを黒など暗めの配色にすることで、目の疲れを抑制する機能です。

まだ使い始めたばかりなので実感できていませんが、画面が黒基調になるので、少なくとも落ち着いた雰囲気となります。とりあえずは、ダークモードで使い続けようと思います。

ダークモードをオンオフは、「設定」もしくは、コントロールセンター(明るさを調節するバーを長押し)でおこないます。

「メモ」など一部のアプリは背景が黒になります。これは、病気などで視力に問題のある人には助かる機能です。

 次ページ >
パソコン不要でここまで出来る!

コピペがジェスチャーで可能に

これまでもテキストを範囲選択してコピペ(コピー&ペースト)は可能でしたが、3本指のジェスチャーでよりすばやくできるようになりました。

3本の指を内側に狭めてピンチインすると「コピー」、開くピンチアウトで「ペースト」となります。「取り消す」は、3本指で左にスワイプ。右にスワイプすれば元に戻ります(やり直す)。

慣れると、キーボードによるショートカットのような爽快感があります。メールの内容をスケジュールに転記するなど、コピペ操作は頻度が多く、かなり作業効率が向上します。

画面に直接触っているとはいえ、指のジェスチャーで画面を自在に操る、トム・クルーズ主演の映画「マイノリティ・リポート」の世界にまた少し近づいたような気もします。

3本指でピンチインすると、上部に「コピー」と表示されコピーされたことがわかります。

同じアプリを並べられるようになったSplit View

2種類のアプリを同時に表示・操作することのできるSplit View(スプリットビュー)は以前より搭載されていましたが、iPadOSでは同じアプリを並べることができるようになりました。

SafariとSafari、メモとメモ、同じアプリを並べることでデータを比較したり、情報をコピペしたりの操作が楽になったわけです。ただ、Apple以外のアプリでは同じアプリを同時に並べることができないこともありました(追々対応していくのでしょうが)。

「メモ」では範囲選択した部分を長押しでスライドさせれば隣の画面にコピペできます。

Slide Overでマルチタスク!

Slide Over(スライドオーバー)は、アプリ上に別のアプリを表示する機能です。

マルチタスク、わかりやすく言うと、WindowsやMacで普通にやっている、ウィンドウ作業ができます。Split Viewとの使い分けが微妙ですが、Split Viewががっつり並べて作業するのに対して、Slide Overはメインのアプリで作業している間に別のアプリをちょっと参照したいような時に便利です。

画面の下端を上にスワイプするとアプリが一覧表示されて切り替えられます。

ソフトウェアキーボードを小さくできる

iPadのソフトウェアキーボードが大きくて邪魔だと感じたことはないでしょうか。画面のかなりの面積を占めてしまいます。

iPadOSでは、キーボードを2本の指でピンチインすると小型化し、画面のどこにでも配置できるようになりました。

片手でフリック入力も楽々。これ、超いいです。

 次ページ >
iPadの弱点が改善傾向に!

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.