iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.08.28
2019.11.28

【レビュー】話題のOculus GOを実際に体験してみた!設定方法もご紹介!

皆さん、VRという言葉を聞いたことはありますか?

VRとは「バーチャル・リアリティ」のことで、いわゆる仮想現実を意味しています。今回は、そんな仮想現実の世界を、実際に自宅で体験できるデバイスをご紹介します。

その名も「Oculus GO(オキュラス ゴー)」。

2018年5月1日(日本時間5月2日)に発売された、一体型VRヘッドセットです。しかも、日本円で23,800円(税込・送料込)〜という低価格でVRが楽しめるとのことで注目を集めています。

そんなOculus GOがついに手元に!率直な意見を交えてレビューしていきます。

「VRって興味があるけれど、初期設定とか、なんだか難しそう……」と思っている方は絶対に必見!こちらの記事を参考にして、ぜひとも最先端のVR体験に挑戦してみてくださいね。

記事ライター:iedge編集部

「Oculus Go」とは?

「Oculus Go」とは、Facebookの傘下企業であるOculus社が開発・販売を行っている、一体型VRヘッドセットです。低価格かつ高品質で、家庭内でVRを手軽に楽しめるデバイスとして、全世界から注目を集めており、対応しているコンテンツは1,000種類以上あります。

「Oculus Go」の紹介動画:Open Your Eyes | Oculus Go

VRデバイスはこれまで高額な価格帯がネックだった

まるで現実世界で過ごしているかのように、コンピュータ内の仮想現実空間に没入できるVR(バーチャル・リアリティ)は、動画視聴やゲームプレイに革命を起こす話題の技術です。

しかしながら、これまでのVRヘッドセットといえば、10万円前後〜という高額な価格帯であったため、一般家庭で手軽に楽しめるようなものではありませんでした。

実際、VR機器を自宅に所有していて、かつハードユーザーになっている人って、周りにあまりいませんよね?

世界的に注目を集めてはいるものの、製品の価格的にハードルが高く、一般の消費者の手が届きにくかったというのが、これまでのVRデバイスのネックだったわけです。

低価格な「Oculus Go」の登場によってVRデバイスの普及に期待がかかる

「Oculus Go」が2018年5月1日(日本時間5月2日)に登場したことによって、VRはより身近なものに一変しました。

なんと、お値段が32GBストレージで23,800円(税込・送料込)、64GBストレージでも29,800円という低価格!さらに、送料・消費税も込みです。

360度映像のYouTube動画を視聴したり、映画を鑑賞したり、VRゲームを楽しんだり、これまで体験したことのないリアリティ溢れるスケールでVR世界を体験できる「Oculus Go」は、まさに入門機器としてぴったりのデバイスだといえるでしょう!

 

「Oculus Go」の基本的なスペックとは?

引用元:https://www.moguravr.com/oculus-go-matome-vr/

ここで、「Oculus Go」の基本的なスペックを簡単にご紹介しておきましょう。

「Oculus Go」は独立型ヘッドセットだから1台でVRコンテンツが楽しめる

現在、発売されているVRヘッドセットは、以下の3種類に大別できます。

1.PCやゲーム機と接続して楽しむタイプ

VRコンテンツに対応したスペックを持っているPC・ゲーム機を別途用意して、セッティングを行う必要があります。PCやゲーム機のスペックがVRヘッドセットと同期できるかどうかを心配しなければならない場合もあり、初心者向けではありませんでした。

2.スマートフォン本体を装着して画面代わりに楽しむタイプ

スマートフォン本体をヘッドセットに装着して画面代わりにするため、手軽に使用できる一方で、映像のクオリティはスマートフォンの画質にそのまま依存してしまうので、没入感などはそれほど高くありませんでした。

3.ヘッドセット単独でVRを楽しむことができる独立型タイプ

その点、「Oculus Go」はこれ1台でVRコンテンツを楽しむことができる独立型(スタンドアロン)のヘッドセットタイプです。そのため、他の接続デバイスのスペックに依存して使用できなかったり、映像の品質が落ちたりする心配がありません。

「Oculus Go」は、初期設定用にBluetoothで同期するスマートフォンまたはタブレットさえ用意しておけば、ハイクオリティなVRコンテンツを購入後すぐに楽しむことができます!

「Oculus Go」の基本スペック

本体 一体型VRヘッドセット
価格 23,800円(32GB)

29,800円(64GB)

いずれも送料・消費税込み

ディスプレイ解像度 2560×1440

5.5インチWQHD液晶パネル

リフレッシュレート 60Hz 、72Hz(※コンテンツにより変化)
プロセッサ Snapdragon 821
ストレージ 32GBまたは64GBの2種類
ヘッドホン 内蔵
マイク 内蔵
イヤホンジャック あり
サイズ 190mm×105mm×115mm
バッテリー持続時間 1時間半〜2時間(ゲームプレイ)

2時間〜2時間半(動画視聴)

重量 468g
端子 Micro-USB
対応プラットフォーム Oculus Store

 次ページ >
初期設定は超簡単!

関連記事

スマートコンセントにできることとおすすめの商品5選

  IoTやAI技術を活用し、家庭内の家電や設備を一括管理するスマートホーム。スマートフォンやタブレットから家電の操作をして、さまざまな機器の電源切り替えをする便利な生活を実現するために一役 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.09.22

マークジェイコブスのスマートウォッチ|特長・機能・おすすめ商品を解説

  今回は、マークジェイコブスのスマートウォッチの特長・機能・具体的なおすすめ商品について解説します。 マークジェイコブスのスマートウォッチは、今は生産中止となっていますが、おしゃれで人気の ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.09.22

クロームキャストができることは?特徴と接続方法を解説

  クロームキャストは、テレビと接続するだけでスマートフォンとの連携が可能なデバイスです。 今回は、クロームキャストの特徴や接続方法を解説します。 クロームキャストとは クロームキャスト(C ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.07.21

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.